読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裸足賛歌〜全日本裸足ラン選手権〜

https://instagram.com/p/2zX-R9DG0T/

 

人間の足は本当によくできている。

裸足で野山を1時間半休まず疾走しても足裏はなにも起こらない。

シューズって一体なんのためにあるのだろうか。

こんなに素晴らしい足を閉じ込めてまでして、

わたしたち人間は何を求め、どこに行こうしているのだろうか。

 

https://instagram.com/p/2w5p47DGyM/

 

第4回飯能ベアフットマラソン、全日本裸足ラン選手権に4回連続参加してきた。

宮沢湖周辺のクロスカントリー的な里山がコース。

昨年と同じ18kmの部に参戦して、昨年よりタイムを約26分短縮した。

2時間弱のタイムからのこれだけの進化。

まだまだ伸びしろを感じる走りだった。

一夜明けた今日も身体のどこもなんともない。

すこぶる好調だ。

 

飯能ベアフットマラソンキッズの部、スタート♪

 

こどもたちの裸足の走り。

最初はシューズで走ろうとしたこどもたちも、自然と裸足になってスタート。

こどもの裸足ラン。その汚れのない、無垢なランニンフォームは、

いつ見てもこころが洗われる思いがするのはなぜだろう。

彼らはわたしたちが捨て去ってしまった何かをまだ持っている。

 

https://instagram.com/p/2w2k9YDG8Z/

 

裸足で野山を走るといつもいろいろなことが頭を巡る。

夏休みセミやカブトムシやクワガタを捕まえに山に入ったこと。

ともだちと秘密基地を作ったこと。

木登りをしたこと。

探検して栗拾いにいったこと。

ハチに刺されたこと。

激しいアップダウンに心肺が弾み、

ぬかるみに足をとられたり、

時にがれた場所を通過したり、

身体はどんどん追い込まれていってるけれど、

頭の中は静まり、かえってシンプルになり、ミニマルになり、

どんどん童心に戻ってゆく心地よい時間が流れる。

 

 

裸足トレイルは、人を素直にする。

普段はかんじがらめに抑圧されてるもの、

世間体、空気、法律、ルール、etc、etc

身体のDNAの底から湧き上がるプリミティブなほとばしる声で解き放ったそのとき、

裸足ランニングは、大地を流れる雲のように加速する。

 

 

生まれて初めて裸足で10kmを走って優勝した12歳の長男が

 

「2周目は地面に足がついている感覚がなかった」と。

 

この境地に達すれば、もはやどんなシューズも不要だ。

広告を非表示にする