man3DALs two feet to fly

man3DALsはサンダルという名の裸足である。— man@11/26つくば (@man10000) 2017年9月9日 サンダルだと思って履くと痛い目をみる。裸足だと思って履くことでソールが肉球になる。#man3DALs— man@11/26つくば (@man10000) 2017年9月9日 多方面の支持を受け、…

ゾーン、フロー、ピークエクスペリエンスの作り方  〜裸足と褌と富士登山競走と〜

エクストリームスポーツでゾーンが起こりやすいことと、裸足トレイルでゾーンが起こりやすいこととは通底している気がする。 — man@11/26つくば (@man10000) 2017年8月5日 第70回富士登山競走は、 自身の想像をはるかに超越する 生涯忘れることのできない…

富士登山競走「裸足サブ4」完走記 その2馬返し〜山頂 - 裸足とワラーチの日々

ブーストすべきは自分の外にある「ギア」ではなく、自分の内にある「ビースト」の方だ。 — man@7/28富士登山競走山頂 (@man10000) 2017年8月1日 man10000.hatenablog.com 馬返しの石段を呼吸を整えながら登り、 鳥居をくぐり一礼、厳かなシングルトラックに…

富士登山競走「裸足サブ4」完走記 その1スタート〜馬返し

もうやれるだけのことはやった。あとは4時間半、一心不乱に登ったその結果、どこにたどり着いたかということだけだ。 — man@7/28富士登山競走山頂 (@man10000) 2017年7月26日 3年前、5合目コースを裸足で完走して得た山頂コース挑戦権。 しかしその後の…

ハセツネを裸足で走って見えたもの

あの衝撃的な一冊の本との出会いから5年。 今読んでいる本「BORN TO RUN 走るために生まれた」面白い。 http://t.co/Fln6AgIC — man@11/20つくば (@man10000) 2011年11月4日 ぼくは、のめりこむように裸足で走り続けてきて、 とうとう、 70kmの山道を…

裸足で野山を走るその訳

裸足で山をうまく走れている時、その人は母なる大地から完全に認められている。この究極の承認欲求が完全に満たされる充足感に勝るものは他にない。 — man@10/9ハセツネCUP (@man10000) 2016年7月22日 裸足で山を走るのはあたかも山を愛撫する感じに似てい…

裸足富士登山競走総括

今年も富士登山競走を走った。 荒天で5合目打ち切りであったが、裸足で走った。 山頂時間内完走は極めて難しいと予想された直前の試走の状態に関しては、 以下にまとめた。 man10000.hatenablog.com それでも以下にまとめた山頂コースをワラーチで完走した…

裸足富士登山FKT(馬返し〜頂上)

馬返し〜富士山山頂まで裸足で3時間55分で登った。五合目から裸足で登頂した話は聞いたことがあるが、馬返しからの報告は、わかる範囲では皆無。おそらく「裸足」でのFKT(Fastest Known Time トレイル区間最速記録)だろう。昨年の挑戦では8合目トモエ…

「競走」と「競争」と「協走」と「共走」

裸足で「競走」はできても「競争」にはならない。「協走」になる。それは「共走」しているからだ。— man@5/15飯能ベアフットマラソン (@man10000) 2016年4月22日 かすみがうらマラソン、裸足ランニングムーブメントが大盛況のうちに幕を閉じた。 大会が終わ…

【総括】かすみがうらマラソン 裸足ランニングムーブメント

2016年4月17日は裸足ランニング史上、忘れられない歴史的に重要な日になった。 かすみがうらマラソンに少なくとも50名以上、 一説に70名とも90名ともいわれる大量の裸足ランナーが 全国から一堂に集結、暴風雨の荒天の中、裸足でフルマラソン…

ウルトラマラソン走るのに月間何キロ走ればいい?

自己最長距離230kmの 超ウルトラマラソン、 小江戸大江戸230kmをワラーチと裸足で完走し、 スパルタスロンの参加資格を得ることができた。 Just completed a 237.68 km ラン 完了 時間 33:00:28 平均ペース 08:20 /km 小江戸大江戸230km 12位/29人 32…

無痛裸足ランへの道〜その5

想像してみてほしい。 高速で唸りを上げて回転するトレッドミル。 その上空に両手を左右のバーにつかまりながら宙に浮いている自分。 高速で動くベルトコンベアに足を接地させる最初の一歩目、 どのように足を踏みおろすのか。 どうすればロス、ダメージが…

裸足だからこそ速く走れる

勝負の駅伝が終わった。 昨年は最長距離エース区間の1区を任され最後1分半足りず繰り上げスタートで途絶えた襷。その責任を感じない日はなかった。 裸足チームは年々順位、タイムもレベルアップ。裸足ランナーの増加から、昨年より2チームに増やしてすら、メ…

「ボレロ」と裸足ランの親和性

嘘みたいなホントの話。 ラヴェル作曲の「ボレロ」を口ずさみながら、 口笛吹きながら、 頭のなかで歌いながら、 裸足で走るとすこぶる調子がいいという話。 大晦日にシルヴィ・ギエムのカウントダウンボレロをTVでご覧になった方も多いかもしれない。 100年…

裸足ランナーの足裏スキンケア

冬は裸足ランナー受難の季節だ。 寒さで心理的に裸足で走るハードルが嫌が応にも高くなる。 それを乗り越え勇気を出して走り出してもなお、寒さと乾燥にやられて足裏の皮膚のひび、あかぎれの痛みがランナーを襲う。 特に中高年になると加齢現象で皮膚が潤…

かすみがうら裸足ランムーブメント

かすみがうらマラソンに77人の裸足ランナーが走ることになった。 一人の裸足ランナーのささやかな夢がはじまりだった。 裸足ランナー7人で走ったつくばマラソン。 man10000.hatenablog.com man10000.hatenablog.com 7人で走ったというだけなのにあの熱狂、…

ワラーチで走るときの音の良し悪し

ワラーチで走るときにペタペタ、パタパタする音が気になる。 シューズからワラーチに切り替えたとき感じる違和感の一つである。 ワラーチで走り始めたときに一番悩むポイントであったりする。 「自分のワラーチの走りはこれで大丈夫なのだろうか?」 薄く硬…

裸足ランニングはキャズムを超えられるか(つくばと福知山で何が起こったか)

つくばマラソンと福知山マラソンに多数の裸足ランナーが出走し話題となった。 Twitterの裸足ランクラスタの間では一時「祭り」状態のフィーバーがあった。 「裸足ムーブメント」「革命」とやや大袈裟な表現が飛び交った。 それは常に孤軍奮闘してきた裸足ラ…

第35回つくばマラソン 裸足の部 完走記

最終的な目標は、裸足サブ3。 それは初めて裸足でフルマラソンを走った時から今も変わらない。 ワラーチでサブ3した時、40km地点で裸足ランナーに抜かれたあの衝撃の日から。 そして究極の目標は裸足グランドスラム。 裸足サブスリー(フルマラソン2時間…

裸足フルマラソンにアルティメットルーティーンを取り入れてみた

Twitterのタイムラインをぼんやり眺めていたらアンテナに引っかかってきた言葉があった。 「アルティメットルーティーン」 どうやら東大陸上部の学生のブログにあるメンタルコントロールの話らしい。 アルティメットルーティーン : 東京大学陸上運動部ブログ…

裸足100km〜マメのはなし〜

裸足ランにマメは付き物か、生涯の汚点なのか。 ・裸足ランナーの足裏の美しさは走りの美しさでもある ・「足裏の2人の先生」の教えに忠実に走れば足裏に傷はできない ・裸足ランにおける足裏のマメは走りの悪癖の表れで、マメの場所で原因が特定できる man…

裸足100km〜ウルトラ係数2.7

100kmのウルトラマラソンのタイムはフルマラソンのタイムの2.7倍となるという説がある。これはエリートアスリートからビギナーまで変わらないという。 100kmレースの目標タイム設定(訂正あり) | 岩本能史 run 今回レース前、この理論を参考にレースペース…

裸足100km 〜サブ10に必要なこと〜

裸足100kmのウルトラマラソンを9時間半で完走した。 直近半年の月間走行距離を先月から遡ると以下の数字になる。 213km、173km、147km、171km、167km、170km(平均174km) そして90%近くが片道5kmの通勤・帰宅ラン、ロングは30kmを1本だけ。 残り1…

ランナーは一体どれだけ走ったら満足するのだろうか

「走った距離は裏切らない」のか。 それとも裏切るのか。 一方で「走りの質を上げれば距離はいらない」のか。 やっぱり走り込みは必要なのか。 この相反する2つの命題は永遠に平行線をたどるだろう。 なぜならこの両者が追い求めている「距離」も「質」も結…

無痛裸足ランへの道〜その4

これは先日、某大学で裸足研究の被験者として裸足で走った時の私のスティックピクチャー、モーションキャプチャーである。 こうした研究の代表では上記の研究グラフが良く引用されている。体重あたりの床接地圧の大小で小さいのが優れている、シューズや踵着…

裸足ランやワラーチでできるマメの考察

小江戸大江戸203kmを裸足ランとワラーチで100kmずつ走った完走後の足裏である。右足のイボの痛みをかばう走りで左足には埼玉の田舎の歩道、路側帯に無数に転がる小石小砂利を踏み抜いて内出血した傷が痛々しい。ワラーチに履き替えてからは無傷だった。この…

ワラーチワークショップの両輪とは

今、流行の兆しのワラーチワークショップ。この良いところは、ワラーチを作る時間と場所と行為をみんなで共有することで交流が深まるところにある。しかしただそれだけではみんなで集まってもんじゃ焼きをするのと大差がない。そこに「最高のワラーチ」と「…

日本人の日本人による日本人のためのワラーチ

先日ワラーチ仲間の塩屋隆之さん(@VGJ408)のお誘いで神田岩本町のOnEdrop cafeで行なわれたララムリコミュニティーへのドネーションイベントとして開催された、ワラーチ作成のワークショップララムリ・ジャパン - 【イベントの紹介〜#2 ワラーチをつくろう!…

もっともっと、こどもたちと山に行こう

山に夢中になるあまり、 家にこどもをおいてけぼりで、 一人で山をたのしんでいないだろうか?! いろんな理由がある。 こどもが山に行きたがらない。 こどもが勉強や部活や習い事で忙しい。 配偶者が山が嫌いで連れて行くことに協力的でない。 自分自身の趣…

トレイル用ワラーチの作り方

究極の裸足スキルはどんな路面状況でも裸足で痛みを感じることなく、最速に走れることである。 なので究極の裸足スキルがあればワラーチすら必要ない。 しかし、未熟で発展途上な裸足ランナーにとってワラーチは、裸足の良さをあまり損なうことなく未熟な足…